• midorinokaze01

夏だ!~沢入門(発寒川)

2022年7月3日(日)    会山行


毎年恒例の沢入門、うたい文句は「沢をやれば登れなかった山にも行ける。世界と楽しみが広がる。基本をしっかり学んで新たな世界に飛び込もう!」

今年の沢入門は発寒川、駐車場の混雑を考慮し、近くの五天山公園に集合。


手稲山の登山口、「平和の滝」からスタート。「今日は暑いね~。ぴったりの沢日和だね~」  入門者2名を含めて、総勢10人  沢人口が増えてきたよ



送電線広場から入渓 リーダーは入渓地点をもっと上の方で考えていたようだが、メンバーの{暑いよ~」「早く沢に入りたい」の声に折れて(?)早めに入渓



川が二股になっている箇所や滝、送電線などの人工物をポイントに読図しながら進む



河原の歩き方や渡渉の仕方も実地で学んだ  沢は日陰で水は涼しさを運んでくれた



入門者にやさしく厳しくスキルを伝える先輩会員 「深い時は泳ぐんだよ こうやって泳ぐとザックが浮き代わりになるのよ」  初めての泳ぎはかなりの踏ん切りが必要だ



泳いで無事岸にたどりついた入門者、次の課題はへつり  川のふちの足場を見つけながら蟹の横這い状態で進む



水が冷たくて気持ちいいよ~  水に漬かって嬉しそうな百戦錬磨の先輩会員



続いて岩の登り方と懸垂下降  支点の作り方も教えてもらった  でも、見ただけではむつかしい~!  懸垂下降は納得いくまでチャレンジする面々もいた  繰り返すとだんだん安定してきた



もう少し上まで行こう。「ねー、お腹が空いてきた。」「そろそろやすみたいな~。」



メンバーの声に押され、ではこの辺でランチタイム!!  今日のランチは流しソーメン

「何と言ってもこれが一番の楽しみだったのよねー」



フキの葉が大皿代わり、汁とトッピングは総リーダーが準備してくれた  山の中で食べる冷たいソーメンは格別の美味しさ!!   箸が止まらない



お腹も満足!  帰り道のテーブル岩で滝をバックに記念撮影



帰途の途中で滝をかわしたらかなりの崖に出た  「懸垂下降の復習をしたいなー」との要望に応えてロープを準備  往路の学習の成果で、みな安定して降りていた



登山道に上がる前に暑さ対策~温泉気分で水風呂を満喫!



本日のルートです。



沢から降りてきたら下界は30度を超える暑さだったとのこと。涼しい沢で水に戯れ、沢登りの基礎を学習して脳を活性化させ、木々の緑で心身を癒され、野趣あふれる流しソーメンでお腹を満たし、とっても楽しい一日でした。


by fujiko,juri,shino,ako,fujimari








 

 


閲覧数:73回0件のコメント

最新記事

すべて表示