top of page
  • midorinokaze01

山覚める~北白老岳

2023年4月1日(土)  会山行


当初、北白老岳から登り、白老岳に縦走して下山する周回コースを予定していたが、雪の状態などを考慮して、スキー組は北白老岳のピストンに変更した。

お天気が良ければ展望が最高なのだが、さて、当日は如何に。



風はまだ少し冷たいが、お日様も顔を出し気持ちの良い日になった  林道の入口は雪が無かった   「ピーヒュルルル~」と鳥の美しいさえずりが聞こえてきた



林道を進み分岐で左手の北白老岳へ歩を進めた  雪が締まっているのでアイゼンとワカン組(歩き組)は良いペース  スキー組を待ってみんな揃ったいい笑顔でパチリ



その後も歩き組は、どんどん先へ。北白老岳に続く細尾根に到着



北白老岳のピークを巻いて、白老岳に登るよ!



白老岳方向に行ったけれど、気温上昇に伴い雪はザクザク、軽アイゼンではズボズボ埋まりスノーシューを持ってくれば良かったと思った   相談の結果白老岳への登頂は断念  次回を期すことに



トラバースした北白老岳のピークに登りかえした



北白老岳山頂にて記念撮影   支笏湖ブルーが映えるね   青空をバックに美女二人、絵になるね~!



一方、ゆっくりペースで登るスキー組  右手に白老岳、左手に恵庭岳を眺めながら登って行った



細尾根に到着  北白老岳の山肌は雪解けが進み木の根元のくぼみが大きい  木もかなり混んでいた   登れても帰りが大変そうと判断し、今日のピークはここに決めた



細尾根で休憩し、エネルギーを補給したスキー組は下りで本領発揮   細尾根のすぐ下は雪がモナカ状態で引っ掛かったが、林の中は滑りやすかった



歩き組も下山口に到着   「ザクザクの雪でつかれた~!。」と言いつつ達成感いっぱいのいい笑顔だった



歩き組、スキー組それぞれに行動できたのは、良い天気のおかげ。必要に応じてラインや電話で連絡を取り、お互いの位置や行動を確認しながらの山行でした。

眺望も最高で、とても気持ちの良い山行でした。



by Betty,honhiro,juri,sumi,fujimari



閲覧数:111回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page