• midorinokaze01

沢入門~琴似発寒川



コロナの緊急事態宣言がようやく解除したが、まん延防止措置は発令中。気付けばもう初夏は過ぎ、水遊びには最適の季節に入っている。感染予防対策に十分配慮し、今年の沢入門を開始。安全に楽しく沢を楽しむためには欠かせない山行だ!



駐車場で出発前にロープの結び方や使い方、装備の確認、フラットフットで歩くことなどをしっかり学んで、いざスタート!


送電線広場から入渓   水がキレイ~!  気持ちい~い


渡渉するときはね~、下流方向に斜め方向へ渡ると楽だよ  急な流れではスクラムを組んだり、お互いをがっちりホールドして渡るんだよ


木漏れ日の中、澄んだ川の流れを見ながら、上流に向かう  岩があれば登る  

へつりもこなせるようになった


河原で蝶々が集まっていた  何をしているのかな~  婚活!?  紫色の美しい蝶々がいたが、写真に入らず


行く手に滝が見えてきた   滝を登るの~  上ってもいいよ~とリーダー


スキル面での不安があるので、滝登りはやめて、高巻きを選択した


今日の主要な課題でもある岩登りと懸垂下降の実地研修  リーダーの説明を神妙な面持ちで聞くメンバー  「三点支持が大事!!」


ハーネスとロープ、エイト環の使い方などを伝授してくれるリーダー  最初にリーダーが登り、ロープを下ろしてくれた  三点支持を忘れずに岩を登る新人も真剣


岩を登りきると、ほっと一息。そろそろランチタイム  今日のランチは”流しソーメン”  冷たい沢水で冷やしたソーメンは絶品!


登った以上は降りねばならぬ  サー、懸垂下降だよ  岩に対して直角になるように足裏全部を付けて立つんだよ  膝は少し曲げて…


全員、無事降りることができた  マイナスイオンをたっぷり浴びて身も心もリフレッシュ  



「暑い夏は、涼しい沢に限る!」と豪語するリーダーの言葉に納得した一日だった。子供のころの水遊びの楽しさを思い出し、冒険心をくすぐられ、やんちゃ坊主とおてんば娘に戻った山行だった


by ako,juri,fujimari







66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示