top of page
  • midorinokaze01

通称ニョロニョロ~大滝百畳敷き洞窟

2024年3月2日(土)    会山行

前日から当日朝方までかなりの強風と雪模様の天気予報に、山行中止かなと不安を感じたメンバーもいました。地形的には、風の影響はさほど無いだろうと言うことで決行の判断。

現地までのドライブでは、場所によって変わる天気に少々ハラハラ。


1時間ほどのドライブで登り口に到着  覚悟はしていたが寒~い


先頭のサブリーダー、初体験で緊張気味  後ろに続くベテランと新人  最後に控えるリーダー  洞窟めざしてゴー!!


急坂の木立の間を尻滑りで切り抜けて、本来のルートに出た


あっ、あんなところに可愛らしい象さんが居る!  自然の造形って不思議だな


川の上には雪まんじゅうがたくさん並んでいた  水は澄み渡っていた  


ようやく、洞窟に到着  岩場を登ると目に飛び込んできた神秘の景色


洞窟の中から外を眺めた


じっくり中を見て回った  天井から地面まで繋がった氷筍  これから育ちそうな氷筍も


氷筍を壊さぬように気を付けてね   ハーイ!全員で記念撮影  氷筍に負けない素敵な笑顔があふれていた


帰路は少し大回りして、緩めの坂を登って往路に戻り、全員無事生還。お疲れ様!


計画には無かった尻滑りにスリルを感じつつも、童心に帰って楽しみました。今年の氷筍は今一つと言いつつも、厳しい寒さが創り出す造形に圧倒されました。冷えた体を町の温泉で温め、帰路の途中でキノコ汁で体の内側から温め、楽しくて美味しい山行でした。


by mana,miyuki,fujimari

閲覧数:103回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page