• midorinokaze01

温泉付きで冬山を楽しんだチセヌプリ

最終更新: 1月19日

2020年1月12日(日)~13日(月)  会山行


冬のニセコを思いっきり楽しもう!山スキー、スノーシュー、ゲレンデスキー、さらに温泉と宴会がセットされた豪華な冬旅です。どれをチョイスするかは、個人にお任せで~す。


チセヌプリスキー場は雪上車に乗って山頂近くまで登る方法があります。但し、有料(なんと一人2000円)。山登りを旨とする私たちは、スキー場の脇をひたすら登ります。


先を行くスキー組の後に続くスノーシュー組。どこまで登れるかな~?スキー組8人、スノーシュー組5人、総勢13人のパーティー。


高度900mあたりで、スノーシュー組は引き返すことに…。「スキー組、がんばってね~!」


山頂が近づいてきた。スキー組の新人と体調がイマイチのベテランが1000m付近でリタイア。先に降りて、ベテラン組を待つことに。


ベテラン勢は山頂までもうひと頑張り。寒いよ~、風がないだけ良しとしましょう。帰りは雪の少なさに悩まされながらも、木立の間や灌木帯を滑り抜け全員無事下山。


夜はお決まりの宴会。今夜は焼肉パーティ。たっぷり食べてたっぷり飲んで同宿の方たち(九州からのお客様もいました!)と親交を深めて…。


昨日のうちに帰宅したのは4人、今日も楽しむのは9人。ヒュッテの家主とともにパチリ!昨夜の満足感が漂ってますね~。


2日目は新人の意見を尊重して、もう一度チセヌプリへ。スキー場には今日も雪上車が鎮座している。「あれに乗れると楽なんだけどな~。(心の中でのつぶやき…)」


朝のうちに2人帰宅。ゲレンデ組の3人は、ゴンドラから展望を楽しんでいるんだろうな~。今日のチセヌプリは良く晴れていてイイ感じ


足取りも軽く山頂近くを目指す。今日の山スキーは美女4人組。


晴れているってホントに気持ちがいいね~。


格好のスロープをみーつけた。思いっ切って行くわよ~!ヒャッホ~~、カッコイイ!!


雪が少なくて少し苦労をしたけれど、大湯沼まで無事帰還


2日間、それぞれに楽しんだメンバー。夜の楽しさ、温泉でのリラクゼーションなどなど、楽しい思い出をたくさんもらって帰途につきました。


by sino,fujiko,fujimari


0回の閲覧

​ハイキングクラブ みどりの風

​お問い合わせ:hcmidorinokaze@yahoo.co.jp

住所:〒001-0010 札幌市北区北10条西1丁目 和幸荘

  • Instagram

私たちの会では四季を問わず札幌近郊の野山をホームグラウンドとして明るく楽しくをモットーに活動しています。
また、本州の山々や海外トレッキングなどにも取り組んでおり、多種多様なハイキングを実践しています。

​「ハイキングクラブみどりの風」およびその会員は、当ホームページに記載されている内容がもとで如何なる事故が発生しても責任は負いません。