ハイキングクラブみどりの風のはじまり

1981年7月 市民登山教室の参加者を元に発足。

市民登山教室:主催、北海道道央地区勤労者山岳連盟、後援:札幌市教育委員会など)

登山教室終了後も「仲間ができてこそ楽しい登山もできる」という気持ちから、幹事会を設けて継続的に活動を行うこととした。

毎月のように参考を計画し、交流のための機関紙「あるぴーの」もスタート。また次のリーダー育成も含めて、訓練と経験を重ねていきました。

1981年12月 会則を定め『ハイキングクラブ みどりの風』という名称の会を結成し、新たなスタートをきった。

スタートに当たり、私たちが大事にすることを確認した。

私たちが大事にすること


1.私たちの会は少数精鋭の登山家を作り出すことは目的としない。


2.ある特定の登山目的のために会員を選別するような事はしない。


3.会は、ハイキング・軽登山を基盤として、私達自身の生活の一部として、気軽に、老若男女を問わず、家族ぐるみで、楽しく安全な山行を行うことを目的とする。


4.会と個々の会員との結び付きを最大限大切にし、末永く会を維持して、私達が山と自然に親しむよりどころにして行く。


5.北海道道央地区勤労者山岳連盟に加盟し、より高度な登山、沢登り、山スキーなどに意欲を持つ会員が指導を受けられるようにすると共に、遭難対策についても指導、援助を受けられるように配慮する。

『Annies’s Song』「みどりの風」会名誕生秘話


1981年12月、会はスタートしたが、会の象徴であるべき名前はなかなか決まらず、結成総会は「ハイキング・軽登山の会結成大会」の名称で行わざるをえなかった。
結成後もいくつかの案が浮上したが決まらず、メンバーの投票で決めることになり、僅少差で「友岳会(ゆうがくかい)」という名前が最多となった。


これで決定か?・・・・というところで、
ある幹事から「この名前はこれからの私たちの活動内容とマッチしないのでは?」と意見が出て、長時間の議論の末、再度検討しなおす事になった。


そうした難産の末に「緑の風」という案が浮上した。
案の由来はカントリーミュージシャン、ジョン・デンバーの歌った『Annies’s Song(日本名:緑の風のアニー)』から取ったもので、その後「緑」の漢字を、「緑でも翠でも碧でも多彩な色に・・・」という思いを込めて「みどり」に変え、さらに自分達のフィールドを表す「ハイキング」を加えて、最終的に「ハイキングクラブ みどりの風」として正式な名前が出来上がりました。
じつに大変な難産の末の会名誕生だったのです。


私の拙訳で、『Annies’s Song』の一部をご紹介します

あなたは私をときめかせてくれる
森の夜のとばりのように
春の山々のように
雨の中をゆくように
砂漠の嵐のように
青い大海の流れのように
あなたは また 私をときめかせてくれる・・・・

この曲は素晴らしい名曲です。
そして「ハイキングクラブ みどりの風」は、
いつまでも残したい素晴らしい名前だと思っています。

 

2005.2.16 会長 佐藤

​ハイキングクラブ みどりの風

​お問い合わせ:hcmidorinokaze@yahoo.co.jp

住所:〒001-0010 札幌市北区北10条西1丁目 和幸荘

  • Instagram

私たちの会では四季を問わず札幌近郊の野山をホームグラウンドとして明るく楽しくをモットーに活動しています。
また、本州の山々や海外トレッキングなどにも取り組んでおり、多種多様なハイキングを実践しています。

​「ハイキングクラブみどりの風」およびその会員は、当ホームページに記載されている内容がもとで如何なる事故が発生しても責任は負いません。