• midorinokaze01

山と花と語らう登山、定山渓天狗山

最終更新: 7月9日

2020年6月25日(木)  自主山行


今は花の季節、定天に咲く花々に会いたいと願い、声がけすると賛同者が続々参集。コロナ対策のため、車3台に分乗し、2班に分けての登山。空模様が少々不安だな。



駐車場から登山口までは林道を行く。


登山口に到着、林道は適度な足慣らしだったね!


何回も何回も渡渉する。雨で水量が増したら大変だね。 帰りは大丈夫かな~…


ここが以前事故のあった場所、こんな崖を登って行ったんだね。


現在の登山道は滝の左側を登るコースに変わっていた。3点支持でゆっくり登ってね。


登ったと思ったら、沢への下り


沢からの登りはかなりの急登、ここも3点支持を忘れずに


もう山頂近くかな? いえいえ、一番の難所はこの上だよ。この辺りから雨が降り出した。帰りが大変かも…  滑るだろうね~


山頂近くの急登で上から沢を登って降りてきた登山者と出会った。 軽やかな身のこなしに若さを感じた。


私たちも負けずに登らなくっちゃ! 段々が付いているだけありがたい。

ここを登ると一番の難所の岩場が控えていた!!


雨をモノともせず、山頂到着。  これで天気が良ければ最高なんだけど… 

雨が降ったので登山道も岩も滑りやすく、かなり気を遣いながら下ってきた


ようやく最初の岩場に帰還。無事戻ってこれて、ほっと安堵。でも駐車場までは気を抜いちゃだめだよ。 


サイハイランやエゾノハナシノブ、フウロの仲間

サクラソウモドキ、岩壁に咲くタニウツギ、足元にはエンレイソウの黒い実等々、他にもたくさんの花たちが咲いていた。


そして真打はアツモリソウ、以前は定天にたくさん咲いていたという。私たちが見つけたこの花が、ずっとここで咲き続けてほしい。身勝手な人の手で絶えてしまうことが無いように



たくさんの花に出会え、先輩会員から花の名前をたくさん教えてもらいました。たくさんすぎて覚えきれないのが悲しい…。山頂からの眺望は臨めなかったけれど、花にたっぷり癒されました。変化に富んだ面白い山でした。


by fujimari



135回の閲覧

​ハイキングクラブ みどりの風

​お問い合わせ:hcmidorinokaze@yahoo.co.jp

住所:〒001-0010 札幌市北区北10条西1丁目 和幸荘

  • Instagram

私たちの会では四季を問わず札幌近郊の野山をホームグラウンドとして明るく楽しくをモットーに活動しています。
また、本州の山々や海外トレッキングなどにも取り組んでおり、多種多様なハイキングを実践しています。

​「ハイキングクラブみどりの風」およびその会員は、当ホームページに記載されている内容がもとで如何なる事故が発生しても責任は負いません。