• midorinokaze01

うっすらと雪化粧の坊主山

2020年11月14日(土)   会山行


山の上部に樹林が無いため、標高が低い割には見晴らしがとても良い山。夕張岳が遠くに見え、日高山脈北部の山々も見渡せる山ということで、眺望を期待して出かけました。



鵡川穂別インターから高速を降り、坊主山入り口の標識を探しながらようやくたどり着いた登山口。 分かってはいたけれど、うっすら雪が…



登山道の入り口には可愛らしい登山届け用のポストが付いていた。でも、中は空っぽ



雪の重みで笹が倒れ、先頭のÀグループが雪を払いながら進む



Bグループは雪が無いから濡れなくて済むわ



急登は登り始めの高度差4,50mだけ  後はゆる~い坂道



途中で水場があった  冷たくて美味しい水だ 「夏ならば最高だね!}



50分ほど歩くと遠くに山小屋坊主が見えてきた  小さいけれどしっかりした作りのきれいな小屋だ



小屋は帰りに寄ることにして山頂を目指す  細尾根だから気を付けてね   風が強くて冷たくて、寒いよ~



全員登頂、790.7mの山頂に立つ  久しぶりに大人数の山行だね  



風が強く寒い山頂を避け、下の坊主小屋でランチタイム  換気のため入り口の扉は開けておいた   時間があればストーブを炊きたかったな 


 

天気が良ければね~と言いながら下山。登山口に近づくと笹の上の雪が融けて、笹はすっくりと立ち上がっていた



久しぶりに大人数での山行、期待していた眺望は望めず物足りなさが残った。ハイキング気分でのんびり登れる山なので、次は天気の良い花の季節に来てみたいね~


by ikesige,yuuring,fujimari


90回の閲覧

​ハイキングクラブ みどりの風

​お問い合わせ:hcmidorinokaze@yahoo.co.jp

住所:〒001-0010 札幌市北区北10条西1丁目 和幸荘

  • Instagram

私たちの会では四季を問わず札幌近郊の野山をホームグラウンドとして明るく楽しくをモットーに活動しています。
また、本州の山々や海外トレッキングなどにも取り組んでおり、多種多様なハイキングを実践しています。

​「ハイキングクラブみどりの風」およびその会員は、当ホームページに記載されている内容がもとで如何なる事故が発生しても責任は負いません。